-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21 2017

京浜盃SⅡ予想 データ分析 競馬予想

3月21日火曜日は大井競馬場で南関競馬クラシック登竜門の京浜盃SⅡが行われます。

1着から3着馬までに南関クラシック1戦目羽田盃の優先出走権が与えられます。

南関クラシックに直結するこのレース ここの3着馬まではその後にも注目です。

全日本2歳優駿での好走馬や南関重賞で活躍していた馬を中心にして買いたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
next_race.jpg


全日本2歳優駿3着 ローズジュレップ 同レース4着ヒガシウィルヴィン

この2頭が人気しそうですね。

バリスコアは出走取り消しなので、全日本2歳優駿6着ですが考慮に入れなくて済みます。

次は、ハイセイコー記念1着のミサイルマン ニューイヤーカップ2着のブラウンレガート

個人的に注目している、東京2歳優駿牝馬1着馬ピンクドックウッドですかね。

本命
ローズジュレップ 全日本2歳優駿3着ですし、兵庫ジュニアグランプリ制覇をしている実績を買いたい。
対抗
ヒガシウィルウィン 全日本2歳優駿4着、ニューイヤーカップ1着と安定感があるこの馬を対抗
連下
ピンクドックウッド 1600の持ち時計は優秀 ユングフラウ賞は7着だったがもう一度買ってみたい。
連下
ブランレガート 主戦の的場騎手が骨折の為乗り替わり、羽田杯と東京ダービーの権利は取っているのでここで無理はしないはず
連下
カンムル トライアルの雲取賞のタイムが優秀なので
連下
ミサイルマン 3連勝しているし、ハイセイコー記念も強い競馬 休み明けなのでいきなりの競馬というところが割引

2016年 1着馬羽田杯制覇
1着タービランス牡3 2番人気 前走ニューイヤーカップSIII2着 門別で4勝 元々期待されていた。
2着グランユニヴェール牡3 7番人気 前走平和賞SⅢ3着 ハイセイコー記念2着など 
3着キーパンチャー牡3 12番人気 前走君子蘭特別3着 門別で3勝

2015年
1着オウマタイム牡3 3番人気 前走ヒヤシンスS10着 前々走ニューイヤーカップSⅢ3着
2着フラットライナーズ牡3 13番人気 前走若盛特別1着 平和賞以外4勝
3着ヴェスヴィオ牡3 6番人気 前走ハイセイコー記念3着 ハイセイコー記念は0.1秒差

2014年 1着馬は羽田杯、東京ダービー制覇
1着ハッピースプリント牡3 1番人気 前走全日本2歳優駿1着 芝の2戦以外、ダート全勝 負けるわけがなかった。
2着ドラゴンエアル牡3 6番人気 前走雲取賞5着 前々走ニューイヤーカップ3着 ハイセイコー記念2着の経験
3着サーモピレー牡3 5番人気 前走雲取賞4着 前々走全日本2歳優駿3着 門別デビュー馬

2013年 2着馬は羽田杯制覇 3着馬は東京ダービー制覇
1着ジェネラルグラント牡3 2番人気 前走全日本2歳優駿2着 門別で3勝
2着アウトジェネラル牡3 1番人気 前走雲取賞1着 前々走全日本2歳優駿4着
3着インサイドザパーク 牡3 5番人気 前走ヒヤシンスS8着 前々走全日本2歳優駿5着 鎌倉記念SⅢ平和賞SⅢ勝ち馬

2012年
1着パンタレイ牡3 2番人気 前走中山3歳5着 中央競馬で5着だった。 川崎のレースでも2着を結構離して勝利していた。
2着ゴールドメダル牡3 1番人気 前走ニューイヤーカップ1着 門別デビュー馬 前々走全日本2歳優駿4着の実績
3着ベルモントレーサー牡3 3番人気 前走北海道2歳優駿2着 中央の2歳戦を勝っている。

2011年 1着馬は羽田杯、東京ダービー制覇
1着クラーベセクレタ牝3 1番人気 前走ユングフラウ賞1着 前々走東京2歳優駿牝馬も1着
2着キスミープリンス牡3 3番人気 前走ニューイヤーカップ2着 前々走全日本2歳優駿3着
3着リアンローズ牝3 6番人気 前走君子蘭特別1着 前々走雲取賞4着

2010年 2着馬は羽田杯制覇
1着ジーエスライカー牡3 6番人気 前走雲取賞4着 逃げ馬なので成績にばらつきがある。
2着シーズザゴールド牡3 2番人気 前走福寿草特別1着 大井では3戦三勝
3着クリノテンペスタ牡3 13番人気 啓蟄特別5着 なんで来たのかが不明

2009年 1着は羽田杯を制した。 
1着ナイキハイグレード牡3 1番人気 前走全日本2歳優駿3着 前々走ハイセイコー記念1着 船橋で圧巻の大差勝ちを見せた
2着シャレーストーン牡3 5番人気 前走ニューイヤーカップ2着  
3着スーパーヴィグラス牡3 15番人気 前走雲取賞14着

2008年
1着ディラクエ牡3 1番人気 前走全日本2歳優駿2着 前々走北海道2歳優駿1着
2着ディアヤマト牡3 5番人気 前走シンザン記念16着 前々走全日本2歳優駿4着 兵庫ジュニアグランプリ1着中央のプラナス                                     賞勝ってる。
3着ロイヤルマコトクン牡3 2番人気 前走雲取賞1着 雲取賞では2着に0.5秒差

2007年 1着は羽田杯制覇 2着は東京ダービー制覇
1着トップサバトン牡3 3番人気 前走全日本2歳優駿4着 前々走兵庫ジュニアグランプリ2着 北海道2歳優駿も制覇
2着アンパサンド牡3 2番人気 前走ニューイヤーカップ3着 前々走全日本2歳優駿3着 北海道2歳優駿2着 
3着レッドドラゴン牡3 4番人気 前走ニューイヤーカップ1着 ハイセイコー記念3着など 3着以下無し

■優勝馬は世代トップクラスの実績馬
◇優勝馬 10 頭中、7 頭が重賞の勝ち馬だった
◇優勝馬 10 頭中、6 頭が前走 1 着、もしくは全日本2歳優駿 4 着以上
※例外馬の 4 頭は、第 33 回優勝ジーエスライカー(5 戦 2 勝)、第 35 回優勝パンタレイ(5 戦 2 勝、2 着 2 回)、
第 38 回優勝オウマタイム(9 戦 3 勝、2 着 2 回)、第 39 回優勝タービランス(7 戦 4 勝、2 着 1 回)。
■ダートグレード競走で好走した馬に注目
◇ダートグレード競走の連対馬は 10 頭が出走して 4 勝、2 着 2 回、3 着 1 回
第 30 回優勝 トップサバトン(北海道2歳優駿 1 着)
第 30 回 2 着 アンパサンド(北海道2歳優駿 2 着)
第 31 回優勝 ディラクエ(北海道2歳優駿 1 着、全日本 2 歳優駿 2 着)
第 31 回 2 着 ディアヤマト(兵庫ジュニアグランプリ 1 着)
第 35 回 3 着 ベルモントレーサー(北海道2歳優駿 2 着)
第 36 回優勝 ジェネラルグラント(全日本2歳優駿 2 着)
第 37 回優勝 ハッピースプリント(北海道2歳優駿 1 着、全日本2歳優駿 1 着)
◇ダートグレード競走 3 着が最高だった馬は 6 頭が出走し、第 32 回ナイキハイグレード(全日本2歳優駿
3 着)が優勝。
それ以外の 5 頭は、第 32 回 8 着ワンダフルクエスト(北海道 2 歳優駿 3 着)、第 34 回 2 着キスミープ
リンス(全日本2歳優駿 3 着)、第 37 回 3 着サーモピレー(全日本2歳優駿 3 着)、第 38 回 8 着クラバ
ズーカ(北海道 2 歳優駿 3 着)、第 39 回 6 着アンサンブルライフ(全日本 2 歳優駿 3 着)。
■2着馬も重賞実績に注目
◇2 着馬 10 頭中、7 頭に重賞 3 着以上の実績があった
※例外 3 頭は、第 33 回 2 着シーズザゴールド(重賞初挑戦)、第 36 回 2 着アウトジェネラル(北海
道2歳優駿、全日本2歳優駿ともに 4 着)、第 38 回 2 着フラットライナーズ(5 戦 4 勝)。
■2、3着馬の大半は、前走で3着以上
◇2、3 着馬 20 頭中、16 頭が前走で 3 着以上、あるいはJRA戦に出走
※例外の 4 頭は、第 32 回 3 着スーパーヴィグラス(’09 雲取賞 14 着)、第 33 回 3 着クリノテンペスタ
(啓蟄特別 5 着)、第 37 回 2 着ドラゴンエアル(’14 雲取賞 5 着)、同 3 着サーモピレー(’14 雲取賞 4 着)
■主なステップレース1着馬の傾向
◇準重賞・雲取賞
④、③、⑪、⑭、⑦、不、②、不、不、不着で、6 戦 0 勝、2 着 1 回、3 着 1 回
◇ニューイヤーカップ
③、不、不、⑧、不、②、④、⑥、⑯、不着で、6 戦 0 勝、2 着 1 回、3 着 1 回
◇ハイセイコー記念
⑧、⑪、①、⑫、不、不、④、不、⑪、不着で、6 戦 1 勝
※第 32 回ナイキハイグレードが、第 21 回ゴールドヘッド以来 12 年ぶりにハイセイコー記念と
京浜盃を制覇。
■マイル以上の距離経験が必須
◇3 着内馬 30 頭すべてが、マイル以上(1590mを含む)の距離を経験
◇3 着内馬 30 頭中、24 頭が 1500m以上のレースで勝利
■4戦以上のキャリア、3勝以上が望ましい
◇3 着内馬 30 頭中、29 頭がキャリア 4 戦以上
※例外の 1 頭は、第 35 回 3 着のベルモントレーサー(2 戦 1 勝、北海道2歳優駿 2 着)。
◇連対馬 20 頭中、17 頭が 3 勝以上
※例外馬は第 33 回優勝ジーエスライカー(2 勝)、第 35 回優勝パンタレイ(2 勝)、第 37 回ドラゴン
エアル 2 着(1 勝)。
■年明け初出走馬は5勝
◇年明け初出走馬は 5 勝、2 着 1 回、3 着 2 回
※8 頭中 7 頭はいずれもダートグレード競走、もしくはハイセイコー記念の連対馬。
例外は第 38 回 3 着のヴェスヴィオ(ハイセイコー記念 3 着)。
■ホッカイドウ競馬の出身馬が7勝
◇ホッカイドウ競馬からの移籍馬が 7 勝、2 着 5 回、3 着 2 回
※ホッカイドウ競馬出身馬のクラシック成績は、羽田盃 6 勝、2 着 6 回、3 着 4 回。東京ダービー4 勝、
2 着 5 回、3 着 3 回。
■馬体重の増減は、ひと桁が理想
※3 着内馬 30 頭中、28 頭が馬体重は前走からひと桁の増減。
■TCKコースの経験は不問
※TCKコース初出走馬は 6 勝、2 着 5 回、3 着 2 回で、不利とはいえない。
※第 35 回は上位 3 頭すべてがTCKコース初出走だった。
■牝馬は1勝
※牝馬は 9 頭が出走して、1 勝、3 着 1 回。優勝は第 34 回のクラーベセクレタのみ。
■外国産馬は0勝
※第 39 回に 1 頭が出走し 12 着。
■優勝馬は、クラシック本番でも活躍
京浜盃優勝馬は、羽田盃で①、②、①、不、①、⑨、④、①、②、①着で 5 勝、2 着 2 回、3 着 0 回
京浜盃優勝馬は、東京ダービーで⑧、④、③、不、①、不、②、①、⑥、③着で、2 勝、2 着 1 回、3 着 2 回
京浜盃で敗れた馬でも、クラシック本番では要注意
※第 30 回~33 回の 4 年連続で、京浜盃 2 着以下の馬がクラシックを制覇。
◇第 30 回 2 着 アンパサンド →東京ダービー1 着
◇第 31 回 10 着 ニックバニヤン →羽田盃 1 着
◇第 32 回 7 着 サイレントスタメン →東京ダービー1 着
◇第 33 回 2 着 シーズザゴールド →羽田盃 1 着
◇第 36 回 2 着 アウトジェネラル →羽田盃 1 着
3 着 インサイドザパーク →東京ダービー1 着
◇第 38 回 11 着 ストゥディウム →羽田盃 1 着
16 着 ラッキープリンス →東京ダービー1 着
■船橋所属馬が5勝でリード
◇TCK所属馬 2 勝、2 着 4 回、3 着 6 回。3 着内率 40.0%
◇船橋所属馬 5 勝、2 着 3 回、3 着 2 回。3 着内率 33.3%
◇川崎所属馬 2 勝、2 着 2 回、3 着 2 回。3 着内率 20.0%
◇浦和所属馬 1 勝、2 着 1 回、3 着 0 回。3 着内率 6.7%
■1番人気馬の連対率は60%
◇1 番人気馬 4 勝、2 着 2 回、3 着 0 回。3 着内率 60.0%
◇2 番人気馬 3 勝、2 着 2 回、3 着 1 回。3 着内率 60.0%
◇3 番人気馬 2 勝、2 着 1 回、3 着 1 回。3 着内率 40.0%
※1~3 番人気馬が、9 勝、2 着 5 回、3 着 2 回と堅実な成績。
※6 番人気以下の馬は、1 勝、2 着 3 回、3 着 5 回。
■戸崎圭太騎手が3連覇
※戸崎圭太騎手が第 32 回~34 回で 3 連覇。
※森泰斗騎手が 2 勝で続く
(石崎隆之騎手が第 24 回~第 27 回で 4 連覇を記録)
■⑩番から外が5勝
馬番号 ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑮ ⑯
1着 0 0 0 2 1 1 1 0 0 1 0 1 1 2 0 0
2着 0 0 0 3 0 0 0 1 1 0 0 0 3 1 1 0
3着 1 0 1 1 1 0 2 1 0 0 0 2 0 0 0 1
スポンサーサイト

京浜盃 データ分析 競馬予想

- 1 Comments

がちょー  

こんばんわ〜

競馬予想、今回も熱いですねv-290
私はよく分からないから3-4で行きますよ☆

中ると良いですね〜(^-^)/幸運を祈りますよ♪

2017/03/21 (Tue) 19:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。