19 2017

阪神大賞典G2 データ分析 競馬 追いきり動画も

3月19日は、阪神競馬場で長距離重賞阪神大賞典G2が行われます。

でもこのレース予想する前に、サトノダイヤモンド一着固定でええんやないのって思ってしまいます。

傾向としては、菊花賞での成績 2400以上のレースでの実績

有馬記念、日経賞、日経新春杯、京都大賞典、目黒記念、アルゼンチン共和国杯、ジャパンカップ、ダイヤモンドS、ステイヤーズステークスで好走した馬を探したい。

139556696899537194225_IMG_9196.jpg


今回の出走メンバーだと
菊花賞と有馬記念を勝っている サトノダイヤモンドが最有力

次点でシュヴァルグラン 前年覇者 天皇賞春3着 アルゼンチン共和国杯1着やジャパンカップ3着

その次に、青葉賞と日経新春杯制覇しているレーヴミストラル

その次が終わってしまっているダービー馬ワンアンドオンリー

後は万葉S勝っている タマモベストプレイやら2400勝って3連勝したけどジャパンカップは11着のトーセンバジルくらいかな

本命
サトノダイヤモンド 文句のつけようがない
対抗
シュヴァルグラン 前年の覇者
連下
レーヴミストラル
連下
タマモベストプレイ

ワンアンドオンリーさん復活してね。無理だと思うけど

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
追切

予想動画



2016年
1着シュヴァルグラン牡4 1番人気 前走日経新春杯2着 2400のレースを3連勝
2着タンタアレグリア 牡4 4番人気 前走ダイヤモンドS4着 菊花賞4着 青葉賞2着
3着アドマイヤデウス 牡5 3番人気 前走京都記念3着 日経賞、日経新春杯勝ちの経験

2015年
1着ゴールドシップ牡6 1番人気 前走AJCC7着 このレースで3連覇 菊花賞も有馬記念も宝塚も制覇 皐月賞も
2着デニムアンドルビー牝5 7番人気 前走有馬記念9着 ジャパンカップ2着の実績 前走も0.4秒差
3着ラストインパクト牡5  2番人気 前走有馬記念7着 菊花賞4着 日経賞3着 京都大賞典勝ちの経験

2014年
1着ゴールドシップ牡5 1番人気 前走有馬記念3着 前年制覇 菊花賞勝ち、有馬記念勝ちなど
2着アドマイヤラクティ 牡6 5番人気 前走有馬記念11着 前々走ジャパンカップ4着ながらも0.1秒差 ダイヤモンドS1着など
3着バンデ 牡4 3番人気 前走御堂筋S1着 菊花賞3着や2400以上で4勝 大差勝ちがほとんど

2013年
1着ゴールドシップ牡4 1番人気 前走有馬記念1着 菊花賞勝ち 
2着デスペラード 牡5 3番人気 前走万葉S1着 ステーイヤーズステークス3着など 長距離実績
3着フォゲッタブル牡7 5番人気 前走ダイヤモンドS7着 菊花賞2着 ステーイヤーズステークスとダイヤモンドS1着

2012年 この年はオルフェが暴走したので、レースがめちゃくちゃ
1着ギュスターヴクライ 牡4 3番人気 前走ダイヤモンドS2着 2400や2500で良績 
2着オルフェーヴル 牡4 1番人気 前走有馬記念1着 菊花賞勝ってるし、文句のつけようがない
3着ナムラクレセント 牡7 5番人気 前走日経新春杯10着 前年1着 天皇賞春3着など 実績充分 菊花賞3着

2011年
1着ナムラクレセント牡6 3番人気 前走日経新春杯4着 2009年も3着 天皇賞春4着など 菊花賞3着
2着コスモメドウ 牡4 1番人気 前走ダイヤモンドS1着 万葉Sも制覇 2600で2勝
3着モンテクリスエス牡6 6番人気 前走ダイヤモンドS5着 2009年のダイヤモンドSの勝馬その後も長距離戦線で活躍

2010年
1着トウカイトリック牡8 5番人気 前走ダイヤモンドS5着 万葉S連覇や、ダイヤモンドS1着など 名ステイヤー
2着ジャミール牡4 4番人気 前走迎春S1着 2400以上で3勝
3着メイショウベルーガ 牝5 1番人気 前走日経新春杯1着 日経新春杯での勝ち方が強かった。

2009年 この年1番人気はオウケンブルースリー菊花賞馬だが惨敗
1着アサクサキングス牡5 2番人気 前走京都記念1着 菊花賞馬 天皇賞春3着など
2着ヒカルカザブエ牡4 6番人気 前走日経新春杯7着 2400と2600で勝っただけ
3着ナムラクレセント 牡4 4番人気 前走御堂筋S2着 菊花賞3着の実績

2008年
1着アドマイヤジュピタ 牡5 4番人気 前走日経新春杯4着 アルゼンチン共和国杯を勝っている。
2着アイポッパー 牡8 5番人気 前走京都記念16着 前年1着 2005年2着 天皇賞春3着1回、4着2回
3着ポップロック 牡7 1番人気 前走有馬記念5着 ジャパンカップ2着や、目黒記念制覇

2007年
1着アイポッパー牡7 2番人気 前走ステイヤーズS1着 2005年2着 天皇賞春での好走歴
2着ドリームパスポート 牡4 1番人気 前走有馬記念4着 菊花賞2着やダービー3着、皐月2着
3着トウカイトリック牡5 3番人気 前走ダイヤモンドS1着 名ステイヤー

春の天皇賞を狙う強豪古馬のスタミナ比べ
阪神大賞典は天皇賞(春)の前哨戦に位置付けられており、ここを始動戦とする実績馬も多く、注目度の高い一戦だ。2013年からゴールドシップが3年連続で単勝1番人気に応えて勝利を飾ったのを含め、2010年以降は7年連続で1番人気馬が3着以内に入っている。強豪古馬がスタミナを競い、熱戦を展開するこの一戦にはどんな傾向があるのか? 過去10年の結果を元に分析する。
近走の実績が重要
過去10年の出走馬について、過去3走以内に出走した芝2200m以上のGI・GII での最高着順を調べると、3着内率で「1~4着」の各組が35%以上をマークしている。それに対し、「5着以下」・「不出走」の各組は17%未満にとどまっている。近走で格の高い芝の中長距離重賞を好走した実績のある馬は、今年もノーマークにはできないだろう。

過去3走以内における芝2200m以上のGI・GII での最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 4-2-2-10 22.2% 33.3% 44.4%
2着 1-2-2-9 7.1% 21.4% 35.7%
3着 2-1-3-5 18.2% 27.3% 54.5%
4着 2-1-1-5 22.2% 33.3% 44.4%
5着 0-0-1-5 0% 0% 16.7%
6~9着 0-2-0-18 0% 10.0% 10.0%
10着以下 0-0-1-6 0% 0% 14.3%
不出走 1-2-0-26 3.4% 10.3% 10.3%
1~4着の計 9-6-8-29 17.3% 28.8% 44.2%
5着以下と不出走の計 1-4-2-55 1.6% 8.1% 11.3%
近走の距離にも注目
過去10年の出走馬について、過去3走で芝2200m以上のレースに出走した回数別に成績をまとめてみると、「3回」がその他のグループに連対率・3着内率で2倍以上の差をつけてトップに立っている。また、3着内率では「2回」が「1回」・「0回」を上回っており、近走で芝2200m以上のレースにより多く出走していた経験が、このレースで生かされる傾向にあるようだ。

過去3走以内における芝2200m以上のレースへの出走回数別成績(過去10年)
出走回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回 9-7-7-40 14.3% 25.4% 36.5%
2回 0-3-3-31 0% 8.1% 16.2%
1回 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
0回 0-0-0-5 0% 0% 0%
2回以下の計 1-3-3-44 2.0% 7.8% 13.7%

有馬記念組・日経新春杯組が優勢
過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、10頭以上の馬が該当したレースの中では「有馬記念」と「日経新春杯」が連対率で40%以上、3着内率で57%を超える高い数値を叩き出している。また、優勝馬10頭を含む連対馬20頭中18頭は、前走で表に挙げた6つの重賞(有馬記念、ステイヤーズS、日経新春杯、アメリカJCC、京都記念、ダイヤモンドS)に出走していた。前走がこれらのレースだった馬は重視した方がよさそうだ。

前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率  連対率 3着内率
有馬記念 2-4-2-6 14.3% 42.9% 57.1%
ステイヤーズS 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
日経新春杯 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
アメリカJCC 1-0-0-0 100% 100% 100%
京都記念 1-1-1-15 5.6% 11.1% 16.7%
ダイヤモンドS 2-2-3-22 6.9% 13.8% 24.1%
オープン特別 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
1600万下 0-1-2-15 0% 5.6% 16.7%
その他のレース 0-0-0-15 0% 0% 0%

勝ち馬を探せ! FOR THE WIN
直近のレースで上位人気だった馬が連勝中
2012年以降の過去5年の出走馬について、直近で出走したJRAのレースでの単勝人気別に成績をまとめると、優勝馬5頭はいずれも該当したレースで「1~3番人気」に支持されていた。出走頭数が「4番人気以下」だった馬の半数以下での結果であることから、直近で出走したJRAのレースでファンから高い支持を受けていた馬に注目するのも面白いだろう。

直近のJRAのレースでの単勝人気別成績(過去5年)
単勝人気 優勝 2着以下
1~3番人気 5頭 11頭
4番人気以下 0頭 35頭
スポンサーサイト

阪神大賞典 データ分析 競馬予想

0 Comments

Leave a comment