-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13 2017

歴代韓国大統領がどれだけ辞職や失脚したか調べてみた。

昨日は朝まで飲んだくれてまして、今日の重賞2つの予想をあげるのを忘れていました。すいません汗

金鯱賞取ったんでね。いいお小遣いになりました。

本題の、韓国の歴代大統領の辞職(失職)ですが、何人いると思います?

クーデターも入れると、殆どの大統領が辞めざるを得ない状況でやめています。

朴槿恵が大統領を弾劾されてしまいました。こんな事態は正直言って異常です。

C6he2YsVoAEoIZr.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

mig.jpg



日本でも、不倫とかで宇野首相が昔やめたりしましたけど、あんまりないですよね。

まず韓国の大統領ですけど、相当な権限があります。

現在の大韓民国憲法(第六共和国憲法、1987年採択)の規定では、大統領は国家元首(第66条1項)かつ韓国三軍(陸・海・空軍)の統帥権保有者(第74条1項)であり、行政権を有する政府首班という地位にある(第66条4項)。その他、大統領には非常措置権が与えられているが、その発動には制約が加えられている(第76条)。また、大統領に国会の解散権はなく、公民権の停止も認められていない。なお、大統領は内乱又は外患の罪を犯した場合を除いて在任中に刑事上の訴追を受けない(第84条)。

大統領職経験者は身分及び礼遇に関して法律で特別に定められる(第85条)ようになっており、2016年12月時点では「元大統領の礼遇に関する法律」を根拠に大統領職経験者は下記の礼遇を受けられる。
在任中の報酬年額の95%にあたる額の年金(元大統領本人に対し)
在任中の報酬年額の70%にあたる額の遺族年金(元大統領の死後、配偶者に対し)
秘書3人、運転手1人(元大統領本人に対し)
秘書1人、運転手1人(元大統領の死後、配偶者に対し)
交通・通信・事務所提供支援(本人以外に家族のものも含む)
医療費(本人以外に家族のものも含む)

因みに来年の礼遇予算は2億円弱だそうです。うらやましいですね。

初代大統領
李承晩(竹島を奪った犯罪人) 
1代から3代まで大統領
Rhee_Syng-Man_in_1956.jpg

こやつは、韓国の初代大統領です。
1948年に大統領に就任しました。1960年まで大統領をやっていましたが、3.15不正選挙事件で、米国へ亡命し失脚しました。

簡単に説明すると、もともと韓国大統領選は大統領と副大統領選挙をやっていたんですが、李承晩さんは支持率が下がっていたのでなんとしてでも政権の座を譲りたくなかったのです。

そこで野党候補に投票させないように、相互監視させて投票させたり、暴漢を使って野党支持者を襲ったりなどあらゆる手段を使って投票率97%のうちのほとんどの票を自分側に得票させることが出来ました。

この裏には、官憲(警察なども)関与していて、組織的不正選挙だったのが明白でした。

結果として、4.19革命が起こり、李承晩は米国に亡命失脚します。 

亡命当時の写真
1960년_5월_29일_이승만


この革命では、多くの学生が警察の無差別発砲により死亡していて、韓国の暗部ともなっています。不正に関与した閣僚などは、有罪及び死刑になりました。

次の大統領は尹 潽善(1960年から1962年まで大統領だった人です) 第4代
mig (1)


しかしながら、実権は首相である張勉に握られていました。(3.15不正選挙の際野党側の副大統領候補だった人)

この政権はかなり脆弱な政権で、彼自身は問題を起こしたわけではないですが、1961年に朴正煕少将が起こした5.16軍事クーデターにより、政権は機能不全に陥りました。(大統領は職務続行)、翌年の政治活動浄化法に反対し辞職し、自身の政権にピリオドを打ち増した。 この政浄法は、不正に関与したとされる4000人以上の政治家などを数年間政治に関与させない法律で事実上のクーデター政権の樹立を意味します。

クーデター時代
皆さんご存知、朴槿恵大統領のお父さん朴正煕国家再建最高会議議長による軍政(1962年3月22日 - 1963年12月16日)

国家再建最高会議(こっかさいけんさいこうかいぎ)、略称「最高会議」は、1961年の5・16軍事クーデターから1963年の第三共和国成立までの間、大韓民国に存在した軍事政権で、クーデター直後の5月19日に軍事革命委員会(以下「革命委員会」)が名称を改称したものである。クーデターを支持する韓国軍の陸軍士官学校8期生によって主要メンバーが構成され、朴正煕が実権を掌握していた。
クーデター当時の画像
7734.jpg


選挙を復活させて、朴正煕さんが大統領になりました。彼は5代~9代までの大統領ですが暗殺されました。
1963~1979

この間に漢江の奇跡と呼ばれる経済発展を起こしましたが、民主化への要望などには厳しく弾圧し、最後には暗殺されました。

光りの部分と闇の部分がある大統領ですよね。

「檀君紀元」から「西暦」へと暦法を変更や、日韓基本条約の締結、、ベトナム戦争への派兵、金大中元大統領拉致事件など

色んなことがおきました。

金大中拉致事件とは 北朝鮮とやることが一緒でですね(笑)
金大中事件は、1973年8月8日、大韓民国の民主活動家および政治家で、のちに大統領となる金大中が、韓国中央情報部(KCIA)により日本の東京都千代田区のホテルグランドパレス2212号室から拉致されて、船で連れ去られ、ソウルで軟禁状態に置かれ、5日後にソウル市内の自宅前で発見された事件である。

当時のことを金大中は「私が東京に着いたとき、友人達が在日韓国朝鮮人のヤクザたちが私を狙っていると忠告してくれました。在日韓国朝鮮人のヤクザたちは大韓民国居留民団(民団)やKCIAと強い結びつきがあるのです」と後のインタビューで語っている。

1973年(昭和48年)8月8日午前11時頃、金大中は東京のホテルグランドパレス2212号室に病気療養のため宿泊していた梁一東(ヤン・イルトン)民主統一党(当時)党首に招かれ会談した。前年開業した同ホテル(東京都千代田区飯田橋1-1-1)は九段下の交差点を飯田橋方面に入ってすぐにあり、裏路地からは朝鮮総連に至近の場所に位置している。
午後1時19分ごろ、会談を終えた金大中は2212号室を出たところを6、7人に襲われ、空部屋だった2210号室に押し込まれ、クロロホルムを嗅がされて意識が朦朧となった後、4人により、エレベータで地下に降ろされ車に乗せられた。ホテルから車で関西方面(神戸)のアジトに連れて行き、その後、工作船(コードネームは龍金(ヨングム)号)で神戸港から出国したと見られる。朦朧とした意識の中「『こちらが大津、あちらが京都』という案内を聞いた」と金大中は証言している。
金大中は「船に乗るとき、足に重りをつけられた」「海になげこまれそうになった」と後日語っている。しかし事件を察知した(当時の厚生省高官の通報によるとされる)海上保安庁のヘリが拉致船を追跡し、照明弾を投下するなどして威嚇したため、拉致犯は殺害を断念し釜山まで連行し、ソウルで解放したとされている。金大中自身、日本のマスコミとのインタビューで、甲板に連れ出され、海に投下されることを覚悟したときに、追跡していたヘリが照明弾を投下したと証言している。

この事件 朝鮮総連が関与しています。まったく日本で犯罪やらんでほしいですよね。
この後文世光事件(ムン・セグァンじけん、문세광 사건)は、1974年8月15日に大韓民国(韓国)大統領・朴正煕夫人の陸英修が在日韓国人の文世光によって射殺された事件である。同時に、式典に合唱団の一員として参加していた女子高生・張峰華(当時17歳)も、朴大統領に迫る犯人に向けて応戦した大統領警護室のセキュリティポリスが撃った流れ弾に当たり、事故死した。

犯人はこう述べています。「私が愚かでした。韓国で生まれたらこんな犯罪は犯していないでしょう。朴大統領に心から申し訳なく思うと伝えて下さい。国民にも申し訳なく思うと伝えて下さい。陸夫人と死亡した女子生徒の冥福をあの世に逝っても祈ります。朝鮮総連に騙されて、大きな過ちを犯した私は愚かであり、死刑に処せられて然るべきです」と涙ながらに最後の言葉を録音で残し、家族に対しては「母には、息子の不孝と期待に背いた事を申し訳なく思うと伝えて下さい」という遺言を残し、午前7時30分に死刑が執行された。

当時の報道
middle_1273989521.jpg


朴正煕大統領暗殺にともない崔圭夏国務総理が大統領権限を臨時代行(1979年10月26日 - 1979年12月7日)

その当時の記事
img20090412_1_p.jpg


そして第10代大統領崔圭夏
Choi_Kyu_Hah.png

1979年 1980年

この大統領の就任中にも、クーデターが起きます。 このクーデターにより、軍部の傀儡となった大統領は辞任に追い込まれます。

粛軍クーデターは、1979年12月12日に大韓民国で起きた軍内部の反乱事件である。後の韓国大統領で当時保安司令官で陸軍少将だった全斗煥、同様に後に韓国大統領で当時第9師団長で陸軍少将だった盧泰愚などを中心に「ハナフェ(ハナ会・一心会)」などが起こしたクーデターである。翌1980年5月17日の非常戒厳令全国拡大による権力掌握を含めると、世界史上最も長期間にわたったクーデターとされている。
1207ZenToKan111.jpg


運も悪く、金大中の勢力が強かった光州でこのような事件も起きてしまいます。
光州事件は、1980年5月18日から27日にかけて大韓民国(韓国)の全羅南道の道庁所在地であった光州市を中心として起きた民衆の蜂起。5月17日の全斗煥らのクーデターと金大中らの逮捕を契機に、5月18日にクーデタに抗議する学生デモが起きたが、戒厳軍の暴行が激しかったことに怒った市民も参加した。デモ参加者は約20万人にまで増え、木浦をはじめ全羅南道一帯に拡がり、市民軍は武器庫を襲うと銃撃戦の末に全羅南道道庁を占領したが、5月27日に大韓民国政府によって鎮圧された。
142919453400284785178.png


金大中はこれで死刑判決を受けます。民衆扇動で(拉致されたり、死刑判決うけたりめちゃくちゃですね。)

朴忠勳国務総理代理が大統領権限を臨時代行(1980年8月16日 - 1980年9月1日)

そしてクーデターにより政権を奪った全斗煥は第11代大統領に就任します。
ぜんとかん


1980年9月1日- 1988年2月24日 第12代まで

この大統領は、思想強制、現論弾圧、デモの恐れのある若者を逮捕し、再教育を施すなど強権的なことを数多くやりました。

ラングーン爆弾テロ事件もあったり、彼自身は難を逃れたものの、事件で多くの閣僚を失った。これは有名ですが1987年には北朝鮮の工作員金賢姫らによる大韓航空機爆破事件が起き、南北関係は緊迫度を増しました。

この人物は、光州事件と、粛軍クーデターなどの犯罪により、死刑判決(後に特赦)

であまりにも反政府デモが収まらないので、盧泰愚に政権が移りました。この人も軍人です。
盧泰愚第13代大統領
img_3f565b7867478c87ecef0b3780decec9153042.jpg

1988年2月25日
- 1993年2月24日

1987年、高まりつつある民主化要求に対し、次期大統領候補として「オリンピック終了後、然るべき手段で信を問う用意がある」と声明(6・29民主化宣言)を発表。直後の1971年大韓民国大統領選挙以来、16年ぶりに行われた民主的選挙で民主正義党から立候補し、金泳三・金大中で文民出身候補が二つに別れたため韓国大統領に当選した。選挙のときは親しみやすさと自身の耳の大きさ(韓国では話を聞く人は耳が大きいとされる)を前面に押し出し、朴正煕政権から続いていた軍人出身大統領と異なる印象を国民に持たせることに成功した。翌1988年2月25日に第13代大韓民国大統領に就任した。
大統領就任後、前大統領であった全斗煥政権時代の不正容疑を徹底追及する一方で、激しく対立していた金泳三・金鍾泌を与党に取り込むなど国政の安定を図った。
こんなこともありました。
朝鮮統一問題では、1991年9月17日には朝鮮民主主義人民共和国との国際連合南北同時加盟を実現し、同1991年12月13日に南北基本合意書を締結している。
1993年2月24日の大統領退任後、1995年に政治資金隠匿が発覚。さらに粛軍クーデター・光州事件でも追及され軍刑法違反として懲役刑を受け、1997年12月に特赦された。(歴代韓国大統領らしい最後)
裁判中の二人の元大統領
o-CHUN-DOOHWAN-570.jpg


文民時代
第14第大統領金泳三
PN2011010501000CI0003.jpg

1993年2月25日
- 1998年2月24日

やっと正常になった時代です。 慰安婦問題もこの人の時に動きがありました。反日愛国を打ち出した大統領ですな。

朴正煕政権以来32年間続いていた軍事政権は消滅し、金泳三政権は文民政権と呼ばれることになった。金泳三は軍部政権の残滓を徹底して排除するため、軍内の派閥「ハナ会」を潰し、会員を退席させるなど、軍の改革を進めた。また、野党政治家や政治運動家などを積極的に登用し、国家安全企部長、外務大臣、統一院長官などに大学の教授を迎えた。さらには、高級官僚の不正の追及にも乗り出し、大法院院長や検事総長、警察庁長官などが辞任することになった。
政治と経済の癒着を嫌悪し、「任期中はいかなる献金も受け取らない」と宣言、質素さをアピールするため、「青瓦台での昼食はカルグクスにする」と明言した 。また、歴代大統領が議員に配っていた「モチ代」の制度も無くすなど、政治の無駄の部分を排除していった。 経済面でも、不正の温床となっている仮名口座での金融取引をなくすため、「金融実名制」を実施した。

当時20代だった次男の金賢哲(キム・ヒョンチョル)が小統領と呼ばれるほど権威を振り回し、1997年に斡旋収賄などの容疑で拘束されている。 韓国ではお馴染みの一族の不正ですね。

1993年3月13日、これ以上日本に金銭的補償を要求せず、韓国政府が被害者に支援をすると宣言して、500万ウォンの一時金と生活補助金、医療支援、永久賃貸住宅などの支援を実施した。
「政府が自ら乗り出して正面から向き合い、民族のプライド(自尊心)を傷つけずに人道的な配慮も並行して支援しようとする最初の試みという点で、少なからぬ意味を持つ。この処置は、日本政府に相当な心理的圧迫を与える外交的効果を狙っている」と評価した(ハンギョレ新聞1993年3月30日)。
と当時は韓国内でも受け入れられた。韓国の独自支援措置の流れから、同年8月に日本から河野談話が出された。

長年産経新聞ソウル特派員をしてきた黒田勝弘は金泳三を『韓国社会の“独島愛国主義”を拡大・「歴史の正しい立て直し」として博物館としていた旧朝鮮総督府ビルを独立50周年記念で爆破解体・慰安婦問題では河野談話やアジア女性基金による解決策を軽視で問題の長期化させるなど反日愛国大衆迎合主義の大統領だったと日本には苦い思いが残る人』と称している

彼はアジア通貨危機での失策を責められ、任期を全うしましたが、1代で政権は終わりました。

通貨危機の失策の際、ペンキに卵を混ぜたものを投げつけられた時の写真がこちらです。

img_0.jpg

15代大統領金大中
20090818172825-1.jpg

1998年2月25日
- 2003年2月24日

拉致されたり、つかまったり、死刑判決が出たりとかわいそうな人です。

史上初めて南北会談を実現し、太陽政策を実施した人物としても知られています。ノーベル平和賞を受賞も受賞しています。

大統領に就任したのはアジア通貨危機の直後であり、経済的な危機は続いていた。金大中政権は引き続きIMFの介入を全面的に受け入れた上で、経済改革に着手した。IT産業奨励やビッグディール政策(財閥間の事業交換、統廃合)をもって経済建て直しを図った。危機を脱した韓国は内外から「IT先進国」と呼ばれるようになり、サムスン電子や現代自動車の世界市場での地位を高めた。しかし、急激な産業構造の転換は貧富の格差の増大などを招いた。そのため、医療保険や年金など福祉政策の拡充にも重点を置いた(DJノミクス)。
1998年、小渕恵三内閣総理大臣と日韓共同宣言を発表し、韓国でそれまで禁止されていた日本文化開放を推し進めた。
自ら大韓民国中央情報部(KCIA)に拉致され、命を狙われた経験のある金大中は、1999年に国家安全企画部(旧・中央情報部)を廃止し、権限や機能を大幅に縮小した国家情報院を大統領直属機関として新設した。
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2000年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:韓国、および一般に東アジアの民主主義と人権のための努力、特に北朝鮮との平和と和解のため
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対しては「太陽政策」と称される緊張緩和政策を志向した。2000年6月に朝鮮民主主義人民共和国の首都平壌で金正日国防委員長との南北首脳会談が実現し、6.15南北共同宣言を締結した。南北首脳会談などが評価されて、ノーベル平和賞を受賞した。これは現時点で韓国人唯一のノーベル賞受賞である。
img_0 (1)

次の大統領はこやつです。自殺してしまいましたね。
第16代大統領盧武鉉
4306f7b659af9dde024af3d93ecee3b3.jpg
2003年2月25日
- 2004年3月12日 直接選挙による選出。
国会の大統領弾劾訴追により大統領権限停止。
権限停止期間
(3月12日 - 5月14日) 高建国務総理が大統領権限を臨時代行。
2004年5月14日
- 2008年2月24日

反日反日反日の大統領です。

北朝鮮に対して、徹底的な宥和政策を実施し、アメリカに対しては反米、日本に対しては反日をやった結果

北朝鮮は核実験をやる、アメリカや日本は、国際社会において韓国と協調行動をとるのをやめました。

とんでもない法律も施行しました。
2005年の8月15日の3日後の18日に親日派財産を取り戻すための汎政府機構である「親日反民族行為者財産調査委員会」 が本格発足した。盧武鉉政権では日本統治時代の「親日派」の子孫を排斥弾圧する法律(日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法及び親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法)が施行された。しかしこの法律は明らかに法の不遡及の原則に反し憲法違反である。そのためか韓国のメディアや親日派名簿のリストに載った者から批判を受けた。

この法律で対象となる「反民族行為」とは日本統治下の朝鮮総督府など行政機関で一定の地位にあった文民・軍人や、当時の独立運動家への弾圧、戦時中の戦意高揚のための活動など、広範囲に及ぶ。また軍人に関しては当初、旧日本軍の将校全体が糾弾の対象とされていたが、日本軍経歴のある故朴正煕元大統領や、同氏長女の朴槿恵議員への配慮などから、同元大統領は該当しない「中佐以上の旧日本軍人出身」と修正された。

日本が嫌いすぎて、ドイツでこんなことも
2005年4月、盧武鉉がドイツを訪問し日本の国連常任理事国入りに反対を表明し(一方でドイツの常任国入りは支持すると発言)更に日本をナチスドイツと同様に批判しようと共同宣言を持ちかけるもドイツ政府から猛批判・猛反発を受け相手にされなかった。ホルスト・ケーラー大統領との会見では事前に「日本が過去に清算しないことについても話したい」との申し出を行ったが、ドイツ側からは「現在の重要なテーマを優先する」とかわされた。またゲアハルト・シュレーダー首相との会談でも、同様に平行線で終わった。こうした頑なな姿勢に対しては、独韓議連のメンバーからも疑問の声が上がったという。ドイツ在住ユダヤ人代表団からは「ナチスドイツによるホロコーストは人類史上最大で他に例をみない反人類的な犯罪であって、これを日本の韓国統治と同一視することは、ユダヤ人虐殺の人類史的意義を不当に貶める、きわめて非国際的で悪辣な議論である」という厳しい批判を受け、ドイツのメディアからも発言また訪問それ自体が無視され、何の成果も得られなかった、としている。

日本を攻撃することも検討していました。
2006年7月5日には竹島(韓国名:独島)周辺の日本の排他的経済水域および領海内で、韓国船が日本の抗議を無視し海洋調査を行った。日本が海洋調査を実施しようとした際には「武力行使もありうる。国際法上合法だというならば、そんな国際法に意味はあるのか」日本側の制止を無視して竹島の海洋調査をおこない、事実、島根県内の防衛庁(現防衛省)施設に対して軍事攻撃を行なうよう検討と猛反発したことから、一連の動きは露骨な対決姿勢の表れとみなされ日本との外交関係は更に悪化した。同日に北朝鮮が行ったミサイル乱射に対しても両国は連携できず、国連安保理での制裁議論に際しても日本は韓国に対する配慮を行わなかった。 また、2006年4月21日付のワシントンポストにおいて、盧武鉉政権が海上保安庁の竹島周辺海域海洋調査を阻止するために日本政府への具体的な圧力として、「島根県内の防衛庁(現防衛省)施設」に対する軍事攻撃を検討していたことが明らかとなり、仮に攻撃が行なわれたとして自衛隊との軍事的衝突はおろか国際的な非難と信用の失墜及び最悪経済制裁を受けていた可能性もあり、韓国国内からも盧武鉉政権の独断ぶりに憂慮の声が強く挙がった。

そんな彼の最後
blog_import_52b7550677d56.jpg

不正献金疑惑
退任後、盧武鉉の側近・親族が相次いで逮捕された。2008年11月、盧武鉉政権の側近の一人が贈賄容疑で逮捕された。また、盧武鉉の兄盧建平が証券会社「世宗証券」の買収を韓国農協幹部に働きかけ、約20億ウォン(約1億3000万円)相当の見返りを得ていた疑惑が浮上し、後に逮捕されて盧武鉉、盧建平、盧建平の娘・婿・姻戚、朴淵次、盧武鉉の高校同級生だった鄭化三まで不正に関わっていた。兄の盧建平は、逮捕されるまでは「烽下(*居住地名でポンハ)大君」、「大年配の方」、「慶南の大統領」「大先生」「慶南(*慶尚南道)大統領」と呼ばれていた。2004年に朴淵次泰光実業会長に対して慶尚南道知事補欠選挙に出馬したヨルリン・ウリ党候補を全面的に支援するよう要請し、8億ウォン(約5700万円)を出させた。2005年の4・30補欠選挙では、5億ウォン(約3600万円)を同じように出させた。2006年1月には農協による世宗証券の買収にも介入し、30億ウォン(約2億2000万円)近い裏金を自らの懐に入れたことも分かっている。2009年8月25日、盧武鉉の秘書官が大統領特殊活動費を着服したことや盧武鉉の支援者から金品を受け取ったことで横領と収賄罪で懲役6年の実刑判決を受けた。
さらに盧武鉉自身も捜査対象となり、2009年4月30日には韓国最高検察庁が合計600万ドル(約6億円)を超える不正資金疑惑について、包括収賄罪の容疑で本人に事情聴取を行なった。盧武鉉支持派の人々は一連の捜査を李明博政権下でおきたスキャンダルに対する煙幕だとして抗議している。

盧は2009年の飛び降り自殺の2カ月前に「政治、するな。得られることに比べて失うことのが遥かに大きいから。」、「大統領になろうとしたことは間違いだった」と韓国大統領になったことを後悔する文章を残した。
その後、盧の逮捕も近いのではと思われていた矢先の同年5月23日早朝、慶尚南道の金海市郊外の烽下村にある自宅の裏山のミミズク岩と呼ばれる岩崖から投身自殺を図り、頭部を強打するなどして3時間後に死去した。先の事情聴取から1ヶ月足らずの出来事であり、韓国の報道機関は一般の番組を中断して特別報道番組を組むなど、韓国国内に大きな衝撃を与えた。
これに際して、盧が常用したとされるPCから自身が書いたと思われる遺書が発見され、その全文が公開されている。「非常に多くの人に面倒をかけた。(以下略)」と、上記の贈賄疑惑に関する心境が書かれていた

第17代大統領李明博
Sebastiánimyo


実は日本生まれ
李 明博(イ・ミョンバク、이명박、1941年12月19日 - )は、日本の大阪府大阪市平野区出身の韓国の政治家。第17代大統領、ソウル特別市長を歴任。本貫は慶州李氏(韓国語版)。号は一松(イルソン、일송)。生誕時および1945年までの日本での通名は月山 明博(つきやま あきひろ)。

現代建設を従業員数十人の零細企業から、従業人十数万人の大企業に育て上げた実業家でもあります。

またソウル市長でもありました。

ですが、竹島上陸&天皇陛下謝罪発言で日韓関係は急速に冷え込みました。

経済大統領」として大きな期待を背負ってスタートした政権だが、4月に米国産牛肉の全面的な輸入再開方針を決定したことで国民の猛反発を受け支持率も2割前後に急落、連日に渡って大規模なデモ隊の抗議運動を受けるなどして出鼻をくじかれることになった。

2008年の韓国通貨危機による傷は深かったが、駐日大韓民国大使の権哲賢を使って、日本の政治家や政府高官などにロビー活動を展開させ、スワップ締結に難色を示していた対韓強硬派の中川昭一財務大臣(当時)に日本国内の親韓派から圧力を掛けて日韓通貨スワップ協定を成功させ外貨預金不足による投資家の韓国第2のIMFへの危機感を無くさせ、国外からの投資を呼び戻した

竹島上陸時の李明博
5c49fb32649f3b5feae33eafd6d63a92.jpg


2012年などに実兄が逮捕されて支持率が落ちた。そして竹島に上陸してしまった。

その上天皇陛下に謝罪を求める発言をして、日韓関係は終わりましたね。
img_5.jpg


スポンサーサイト

韓国大統領 辞任 失脚 クーデター

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。