-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 2017

チューリップ賞 データ予想 競馬分析 追切動画と陣営談話

チューリップ賞が3月4日、阪神競馬場で行われます。

桜花賞トライアルなので,3着までに桜花賞の優先出走権がもらえます。

桜花賞を制覇している馬が多いですね。これだけのG1馬がいます。まさに活躍馬の宝庫です。

sinhalite16030501.jpg


阪神JF組が、好成績ですね。

2013年の阪神JF制覇馬ローヴティサージュはこのレース9着に敗れています。阪神JFが1着だからといって頭で買うのは少し危険かも

昨年のジュエラー桜花賞馬、シンハライトは優駿牝馬

2015年レッツゴードンキは桜花賞馬

2014年のハープスターは桜花賞馬、ヌーヴォレコルトは優駿牝馬

2013年アユサンは桜花賞馬

2012年ハナズゴールはオーストラリアのG1オールエイジドS

2010年のアパパネは牝馬三冠プラスヴィクトリアマイル

2009年のブエナビスタは桜花賞、優駿牝馬、ヴィクトリアマイル、天皇賞秋、ジャパンカップ

2008年のトールポピーは優駿牝馬

2007年ウォッカは東京優駿、安田記念2勝、天皇賞秋、ヴィクトリアマイル、ジャパンカップ
    ダイワスカーレットは、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、有馬記念

前走新馬の馬は一頭も馬券に絡んでいません。上り最速の脚を使える馬も買いたい。


本命リスグラシュー
対抗ソウルスターリング
連下アロンザモナ
連下ミリッサ
連下カワキタエンカ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

追いきり動画


予想動画












2016年
1着シンハライト牝3 2番人気 前走紅梅S1着
2着ジュエラー牝3 1番人気  前走シンザン記念2着
3着ラベンダーヴァレイ 牝3 10番人気 前走赤松賞5着

2015年
1着ココロノアイ牝3 5番人気 前走阪神JF3着
2着アンドリエッテ牝3 7番人気 前走クイーンC4着
3着レッツゴードンキ 牝3 2番人気 前走阪神JF2着

2014年
1着ハープスター牝3 1番人気 前走阪神JF2着
2着ヌーヴォレコルト牝3 4番人気 前走こうやまき賞1着
3着リラヴァティ 牝3 6番人気 前走フェアリーステークス3着

2013年
1着クロフネサプライズ 牝3 3番人気 前走阪神JF2着
2着ウインプリメーラ 牝3 7番人気 前走エルフィン2着
3着 アユサン 牝3 5番人気 前走阪神JF7着

2012年
1着ハナズゴール牝3 4番人気 前走500万1着
2着エピセアローム 牝3 3番人気 前走阪神JF8着
3着ジョワドヴィーヴル 牝3 1番人気 前走阪神JF1着

2011年
1着レーヴディソール 牝3 1番人気 前走阪神JF1着
2着ライステラス 牝3 2番人気 前走阪神JF3着
3着メデタシ 牝3 6番人気 前走エルフィンS5着

2010年
1着ショウリュウムーン 牝3 9番人気 前走未勝利1着
2着アパパネ牝3 1番人気 前走阪神JF1着
3着エーシンリターンズ 牝3 8番人気 前走エルフィンS1着

2009年
1着ブエナビスタ 牝3 1番人気 前走阪神JF1着
2着サクラミモザ 牝3 7番人気 前走500万1着
3着ルージュバンブー牝3 8番人気 前走未勝利1着

2008年
1着エアパスカル 牝3 5番人気 前走こぶし賞13着
2着トールポピー 牝3 1番人気 前走阪神JF1着
3着オディール 牝3 2番人気 前走阪神JF4着

2007年 このレースは名レース
1着ウオッカ牝3 1番人気 前走エルフィンS1着 前々走阪神JF1着 ダービー勝てるくらいやからね。
2着ダイワスカーレット 牝3 2番人気 前走シンザン記念2着 ミスパーフェクトですよ。先行してひねりつぶす
3着レインダンス 牝3 5番人気 前走未勝利1着 上り最速で勝った。後に秋華賞2着

実績馬が強い
過去10年の3着以内馬30頭中21頭は、JRAのオープンクラスのレースで4着以内に入った経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率9.6%と苦戦している。まずはオープンクラスのレースで上位に入った経験がある馬に注目すべきだろう。

JRAのオープンクラスのレースで4着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 7-8-6-33 13.0% 27.8% 38.9%
なし 3-2-4-85 3.2% 5.3% 9.6%
なお、JRAのオープンクラスのレースで4着以内に入った経験がなかったにもかかわらず当レースで3着以内に入った9頭のうち、2006年3着のウインシンシア、2011年3着のメデタシを除く7頭は、前走の着順が1着、かつ2着馬とのタイム差が0秒1以上だった。オープンクラスのレースで好走経験がない上、前走を勝っていない馬、前走を勝っていたものの2着馬にある程度の着差をつけることができなかった馬は割り引きたいところだ。

JRAのオープンクラスのレースで4着以内に入った経験がなかった馬の、前走の着順と2着馬とのタイム差別成績(過去10年)
前走の着順と2着馬とのタイム差 成績 勝率 連対率 3着内率
前走1着で2着馬とのタイム差が0秒1以上 3-2-2-31 7.9% 13.2% 18.4%
前走1着で2着馬とタイム差なし、もしくは前走2着以下 0-0-2-54 0% 0% 3.6%
出走数がポイント
過去10年の出走馬の通算出走数別成績を調べると、「1戦」だった馬と「7戦以上」だった馬は共に好走例がなかった。デビュー戦を勝ち上がったばかりの馬や、その逆にキャリアが豊富過ぎる馬は評価を下げたい。

通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
1戦 0-0-0-11 0% 0% 0%
2戦 0-1-3-18 0% 4.5% 18.2%
3戦 5-3-1-17 19.2% 30.8% 34.6%
4戦 3-3-3-24 9.1% 18.2% 27.3%
5戦 2-2-3-20 7.4% 14.8% 25.9%
6戦 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
7戦以上 0-0-0-22 0% 0% 0%
ちなみに、2010年以降の過去6年に限定した通算出走回数別成績を調べると、3着以内馬の大半は出走数が「3戦」「4戦」「5戦」だった。近年の傾向を重視するなら、キャリアが「2戦」や「6戦」の馬も過信禁物と考えるべきだろう。


通算出走数別成績(過去6年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
1戦 0-0-0-4 0% 0% 0%
2戦 0-0-1-10 0% 0% 9.1%
3戦 3-2-1-13 15.8% 26.3% 31.6%
4戦 2-2-2-15 9.5% 19.0% 28.6%
5戦 1-2-2-12 5.9% 17.6% 29.4%
6戦 0-0-0-4 0% 0% 0%
7戦以上 0-0-0-11 0% 0% 0%
近年はマイル適性の高い馬が活躍
過去6年の3着以内馬18頭中14頭は、JRAの芝1600mのレースで優勝経験がある馬だった。

JRAの芝1600mのレースにおける優勝経験の有無別成績(過去6年)
優勝経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 5-5-4-29 11.6% 23.3% 32.6%
なし 1-1-2-40 2.3% 4.5% 9.1%
なお、JRAの芝1600mのレースで優勝経験がなかった馬のうち、JRAの芝1600mの重賞で2、3着となった経験もなかった39頭は、すべて4着以下に敗れている。2009年以前は芝1600mに実績のない馬も健闘していたが、近年は距離適性の高い馬が圧倒的に優勢だ。

JRAの芝1600mのレースで優勝経験がなかった馬の、JRAの芝1600mの重賞で2、3着となった経験の有無別成績(過去6年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 1-1-2-1 20.0% 40.0% 80.0%
なし 0-0-0-39 0% 0% 0%

関東馬”に注目
過去6年の出走馬の所属別成績を調べると、美浦所属の“関東馬”が10頭出走し、6頭が3着以内に入っている。昨年の優勝馬ココロノアイも、美浦の尾関知人厩舎の所属馬だ。出走頭数は少ないが、関西圏で行われるこのレースに関東馬がエントリーしてきたら、ぜひ注目してみたい。

所属別成績(過去6年)
所属 成績 勝率 連対率 3着内率
関東 2-3-1-4 20.0% 50.0% 60.0%
関西 4-3-5-63 5.3% 9.3% 16.0%
地方 0-0-0-2 0% 0% 0%

スポンサーサイト

チューリップ賞 競馬予想 データ分析

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。