-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01 2017

2018年就活戦線解禁 内定ほしけりゃ合同説明会なんて行くな

3月1日から2018卒の就活が解禁されます。

imasia_15432350_S.jpg


昨年は、就活時期の変更などで現場は混乱していました。

こんな私ですが、現役時代大学で学生相手に就活相談や、小さいものですが講演を大学から頼まれた事もあります。

そこで、就活生の方に向けていくつかアドバイスをしたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

合同説明会

おそらく、明日はリクナビ、マイナビなどの合同説明会が開かれます。
ニュースで毎年見るものですね。

有効な場合

①業種が定まっていない。
②多くの会社を知りたい(パンフレットを大量にもらう)
③コミュ力があれば、情報共有の場


有効でないとき
①すでに受ける会社がほぼほぼ決まっている
②大企業病(高学歴であっても要注意)


合同説明会での注意点
ネットで調べられるレベルの要約を、タームごとにわけて一日に何度も行う。
メリットとしては、多くの会社の情報を一会場で得られる。
デメリットは、そのレベルの知識では、面接時に落ちる。(そんなこととは思うかもしれないが、現場ではそのレベルが多すぎる)

私見ですが、就活の時期が変更になって、合同説明会の地位は低下していると思います。
今まで以上にインターンシップや事前のOB訪問や下準備が必要になっていると考えます。

これもあくまで私が聞いた限りの話です。合同説明会は一応建前上やっているが、個別説明会などに来た意欲がある子の方を優先する。合同説明会から個別説明会への誘導に過ぎないと。

会社側からすればあくまで告知の一つにすぎません。学生の皆さんは、合同説明会で聞いた話を面接で話す方もいますがやめた方がいいですよ。


個別会社説明会

これは多くの人にとって、面接を受ける前に行ったことがあるはずです。ここでの有効なポイント

有効な場合
①自分が働けるビジョンが得られた場合
②下調べした情報からプラスαを得られた場合
③会場にいる社員の方から情報を引き出す。


有効でない場合
①目的意識なく予約していっただけ
②下調べ無し
③終了後即帰宅(興味がなければそれで構わない)


個別会社説明会で社員と話す方法と次に繋げるコツ
①聞ききれないことがあったことをアピールする
②その方の業務に関心を持つ(出来ればある程度の情報があった方がいい)
③5分くらいは可能であれば話すこと)
④自分の大学と名前を覚えてもらう
⑤名刺をいただく


個別会社説明会でやってはいけないこと
①無断欠席(私の知る限り本選考に影響する場合が大きい)
②会場での無駄なお喋り(友人同士でいった場合はとくに)
③なんでも聞いていいよと言われてもなんでも聞いていいわけではない(聞きたきゃOBとかに聞くこと)


会社説明会後

一部の企業はここから、懇談会やリクルーター面談をしてくる場合があります。ここでのポイント

①懇談会、リク面は必ず出席すること(興味がある業種なら)
②相手の方にする質問は事前に準備する事
③喫茶店とか、飯屋でそういったのが行われる際は、会計は支払うフリは必ずすること
④次に繋げてもらえるように、この部署の話が聞きたい若しくは、年次の高い方の話も聞いてみたいなどアピールする
⑤懇談会、リク面での内容を外部に漏らさない
⑥ここで聞いた話を、面接やESを書く際の軸に据える。(面接官はリクルーターから話を通されている場合が多い)


会社が主催する(就活解禁時のイベント)これらもできる限り参加すること
これは私自身の経験です。
①グループワークなどが開催される
②プレスリリースの場に呼ばれる
③業界団体の勉強会に呼ばれる
④会社主催の飲み会に呼ばれる


これは最初は私自身気が付きませんでしたが、プレスリリースやグループワークなどエントリー対象者全員を呼んでいるわけなどありえません。
ここに呼ばれているということは、脈ありです。
更に積極的に企業に対して、こちらも態度を示すチャンスです。

これも一部の企業ですが、懇談会、リクルーター面談がないとその時点でお祈りのところもあります。
個別会社説明会で精一杯自分の良さをアピールしましょう。


最後に

業種も受ける会社も決まってる人へ

業種も、受ける会社も決まっている素晴らしいことです。ですがせっかくの機会です。
今後人生において、多くの業種や会社を見るチャンスは、普通に考えるとこれが最後です。
中途採用あるじゃんとか、第2新卒あるやんけと思う方もいるかもしれませんが、学生として見てくれてる間が、企業側も油断して
多くの話してはいけないことなどを話してくれます。
多くの企業のビジネスマンの話は、学生の皆さんの今後にとって決して無駄な事ではないです。
時間があまっているのなら、他業種の大手企業の説明会でぜひ社員の方の話に耳を傾けて見てください。
思わぬヒントがそこに落ちているかも知れません。



次回はESについてやります。

スポンサーサイト

2018卒 就活

- 1 Comments

がちょー  

目指す会社に就職できたらいいですね。

就活が解禁されましたね。
こちら新潟駅前も就活のみなさん多かったとラジオで行ってました

ぜひ、目指す会社に就職できたらいいですね☆

2017/03/01 (Wed) 18:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。