19 2017

小倉大賞典 データ分析 競馬予想 追いきり動画

2月19日には、小倉競馬場で小倉大賞典が行われます。

私のイメージでは、2007年、2008年のアサカディフィートが忘れられないですね。

9歳、10歳で連覇ですからたいしたものです。

2010年は中京芝で行われました。


馬券予想
本命パドルウィール 金鯱賞2着は、実力の証。
対抗クラリティスカイ カレンブラックヒルも勝ったように、腐ってもG1馬
対抗フルーキ 前走は位置取りが悪かった。
連下ケイティープライド なんだかんだ重賞で好走してるわりには斤量52k
連下マイネルハニー チャレンジカップ勝ってるしね。逃げる必要もないし、番手で折り合えれば

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


小倉大賞典出走馬追切




さて過去十年データを分析したいと思います。

2016年
1着アルバートドック牡4 2番人気 前走リゲルS3着
2着ダコール牡8 6番人気 前走日経新春杯4着
3着ネオリアリズム牡5 5番人気 前走中山金杯7着


2015年
1着カレンブラックヒル牡6 3番人気 前走金鯱賞5着
2着コスモソーンパーク 牡7 6番人気 前走ニューイヤーS1着
3着ダコール牡7 11番人気 前走日経新春杯5着


2014年
1着ラストインパクト牡4 1番人気 前走松籟S 1着
2着カフナ 牡6 8番人気 前走目黒記念3着
3着ブレイズアトレイル 牡5 4番人気 前走京都金杯4着

2013年
1着 ヒットザターゲット牡5 6番人気 前走中山金杯10着
2着ダコール牡5 2番人気 前走日経新春杯10着
3着ダローネガ 牡4 5番人気 前走京都金杯13着

2012年
1着エーシンジーライン 牡7 5番人気 前走中山金杯4着
2着 スマートギア 牡7 10番人気 前走日経新春杯8着
3着コスモファントム 牡5 1番人気 前走中山金杯3着

2011年
1着サンライズベガ牡7 6番人気 前走AJCC11着
2着バトルバニヤン牡7 9番人気 前走京都金杯10着
3着リルダヴァル 牡4 1番人気 前走ファイナルステークス8着

2010年
1着オースミスパーク牡5 7番人気 前走新春S1着
2着ナリタクリスタル牡4 2番人気 前走逆瀬川1着
3着マヤノライジン牡9 13番人気 前走中山金杯14着

2009年
1着サンライズマックス 牡5 7番人気 前走毎日王冠14着
2着ヤマニンキングリー牡4 1番人気 前走中山金杯2着
3着ミヤビランベリ牡6 5番人気 前走中山金杯3着

2008年
1着 アサカディフィートセ10 6番人気 前走中山金杯7着
2着マルカシェンク牡5 1番人気 前走ニューイヤーS1着
3着シルクネクサス牡6 7番人気 前走AJCC8着

2007年
1着アサカディフィートセ9 10番人気 前走中山金杯2着
2着 エイシンドーバー 牡5 2番人気 前走京都金杯2着
3着 マヤノライジン 牡6 3番人気 前走 中山金杯8着

1番人気 (1-2-2-5)
2番人気 (1-3-0-6)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (0-0-1-9)
5番人気 (1-0-3-6)
6番人気 (3-2-0-5)
7~9人 (2-2-1-25)
10人以下(1-1-2-63)

重賞(7-7-9-85)

特に中山金杯(4-1-5-13)

OP特別(1-2-1-30)

条件戦(2-1-0-11)

その後のGI・GII との関係性が深まってきた注目のハンデキャップ重賞
近年の小倉大賞典で優勝争いに絡んだ馬を振り返ってみると、後にこのレースよりも格の高いGI やGII で活躍している馬が多い。2013年の優勝馬ヒットザターゲットは同年の京都大賞典と2015年の目黒記念を制し、2014年の優勝馬ラストインパクトは同年に京都大賞典と金鯱賞を連勝。2016年の3着馬ネオリアリズムは、同年の札幌記念で優勝を果たした上、続くマイルチャンピオンシップでも3着に好走している。また、2015年の小倉大賞典を制したカレンブラックヒルは、2012年のNHKマイルCの優勝馬だ。既に格の高いレースで好走した経験がある馬はもちろん、将来的にGI やGII で活躍しそうな素質馬にも注目すべきレースと言えるだろう。今回は過去10年のレース結果から、傾向の変化も踏まえた上で、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。
前年以降の実績に注目
過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、前年以降に「JRAのオープンクラスのレース」で3着以内に入った経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率8.3%と苦戦している。前年以降に「JRAのオープンクラスのレース」で上位争いに食い込めていない馬は割り引きが必要だ。〔表1〕
〔表1〕 前年以降に「JRAのオープンクラスのレース」で3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-8-8-72 9.3% 17.5% 25.8%
なし 1-2-2-55 1.7% 5.0% 8.3%
なお、前年以降に「JRAのオープンクラスのレース」で3着以内に入った経験がある馬のうち、前年以降に「JRAのオープンクラスの2000m以上のレース」で3着以内に入った経験がある馬は、3着内率34.5%とより高い好走率をマークしている。前年以降に、今回より長い距離の重賞やオープン特別で好走経験がある馬は高く評価したい。〔表2〕
〔表2〕 前年以降に「JRAのオープンクラスのレース」で3着以内に入った経験があった馬の、前年以降に「JRAのオープンクラスの2000m以上のレース」で3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 7-5-7-36 12.7% 21.8% 34.5%
なし 2-3-1-36 4.8% 11.9% 14.3%
負担重量が重い馬ほど堅実
過去10年の負担重量別成績を調べると、「57kg以上」の馬は3着内率38.7%と優秀な好走率をマークしている。一方、「54kg未満」の馬は全て4着以下に敗れている。実績に応じた負担重量を課されるハンデキャップ競走だが、このレースに関してはハンデの重い実績馬を重視した方が良さそうだ。〔表3〕
〔表3〕 負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
51kg 0-0-0-3 0% 0% 0%
52kg 0-0-0-12 0% 0% 0%
53kg 0-0-0-8 0% 0% 0%
54kg 1-1-1-25 3.6% 7.1% 10.7%
55kg 3-1-4-32 7.5% 10.0% 20.0%
56kg 1-3-3-26 3.0% 12.1% 21.2%
56.5kg 0-0-0-2 0% 0% 0%
57kg 2-4-1-12 10.5% 31.6% 36.8%
57.5kg 2-0-1-6 22.2% 22.2% 33.3%
58kg 1-1-0-1 33.3% 66.7% 66.7%
54kg未満 0-0-0-23 0% 0% 0%
54kg以上57kg未満 5-5-8-85 4.9% 9.7% 17.5%
57kg以上 5-5-2-19 16.1% 32.3% 38.7%
前走の着順を素直に評価したい
2012年以降の過去5年の3着以内馬15頭中10頭は、前走の着順が「5着以内」だった。一方、前走の着順が「11着以下(競走中止を含む)」だった26頭のうち、2013年3着のダローネガを除く25頭はいずれも4着以下に敗れている。2011年以前は前走で大敗を喫していた馬の好走例も少なくなかったが、近年の傾向を重視するならば、前走の着順が良かった馬に注目すべきだろう。〔表4〕
〔表4〕 前走の着順別成績(過去5年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 4-3-3-18 14.3% 25.0% 35.7%
6~10着 1-2-1-21 4.0% 12.0% 16.0%
11着以下 0-0-1-25 0% 0% 3.8%
備考: 競走中止はその競走の最下位として集計
近年は内枠優勢
過去5年の連対馬10頭は、いずれも馬番が「1~7番」だった。一方、「8~16番」だった馬は3着内率が6.8%にとどまっている。近年の傾向からは、内枠が優勢と言えるだろう。〔表5〕
〔表5〕 馬番別成績(過去5年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番 0-2-1-2 0% 40.0% 60.0%
2番 1-2-0-2 20.0% 60.0% 60.0%
3番 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
4番 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
5番 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
6番 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%
7番 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
8番 0-0-0-5 0% 0% 0%
9番 0-0-0-5 0% 0% 0%
10番 0-0-0-4 0% 0% 0%
11番 0-0-1-4 0% 0% 20.0%
12番 0-0-2-3 0% 0% 40.0%
13番 0-0-0-5 0% 0% 0%
14番 0-0-0-5 0% 0% 0%
15番 0-0-0-5 0% 0% 0%
16番 0-0-0-5 0% 0% 0%
1~7番 5-5-2-23 14.3% 28.6% 34.3%
8~16番 0-0-3-41 0% 0% 6.8%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN
前年以降に重賞で好走経験のある馬を重視
過去5年の優勝馬5頭は、いずれも前年以降に「JRAの重賞」で3着以内に入った経験がある馬だった。前年以降にオープン特別や条件クラスのレースでしか実績を残していない馬は評価を下げたい。また、この5頭は負担重量が「55kg以上」だった点、前走の着順が「10着以内」だった点、馬番が「1~7番」だった点も共通している。〔表3〕〔表4〕〔表5〕で挙げた傾向もそれぞれ考慮すべきだろう。〔表6〕

〔表6〕 優勝馬の前年以降の「JRAの重賞」での最高着順、負担重量、前走の着順、馬番(過去5年)
年度 優勝馬 前年以降の「JRAの重賞」での最高着順 負担重量 前走の着順 馬番
2012年 エーシンジーライン 2着(2011年朝日チャレンジC) 56kg 4着 7番
2013年 ヒットザターゲット 1着(2012年新潟大賞典) 57kg 10着 5番
2014年 ラストインパクト 3着(2013年青葉賞) 55kg 1着 4番
2015年 カレンブラックヒル 1着(2014年ダービー卿CT) 58kg 5着 6番
2016年 アルバートドック 3着(2015年京都新聞杯) 55kg 3着 2番
スポンサーサイト

競馬予想 データ分析 小倉大賞典

0 Comments

Leave a comment