-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15 2017

ダイヤモンドS 競馬予想 データ分析

府中競馬場では長距離重賞ダイヤモンドSが行われます。

話は変わりますが、先ほど行われた大井の長距離重賞金杯は、ユーロビートが勝ちましたね。 2着のウマノジョーには驚きました。

さて、アルバートが出走してきていますが、一番人気になりそうですよね。ステイヤーズS2連覇で6歳馬ですからね。

ステイヤーズSでの実績、前年などのダイヤモンドSでの実績、万葉Sでの実績などがある馬から選びたい。

前残りは、近年だとそう多くはない。

231176201_624.jpg


本命 アルバート これは逆らうのは無理かと
対抗 ファタモルガーナ まだやれるはず
対抗 フェイムゲーム 実績は十分
連下 ラブラブライド 万葉Sの実績
連下 プレストウィック もしかしたらやれるかも


出走馬短評
アルバート ステイヤーズS連覇をしていて、データ的には本命

カフジプリンス 4歳馬はよく馬券にくるし、オープンでは微妙だがこのメンツなら馬券内

キングルアウ ダートを走っていて、兄弟馬も長距離を走っているが、さすがに厳しいのでは

サイモントルナーレ さすがに11歳だし、無理でしょ。

サムソンズプライド 逃げるのであれば、3着に考えてもいい

ジャングルクルーズ JCで見せた足があれば、もしかしたらでも8歳だしなぁ。

トウシンモンステラ 今年の万葉Sでもやれてないし、ここでは厳しい。

トーセンレーヴ 力は昔はあったと思うけど、初の長距離9歳馬にはこたえるのでは

ファタモルガーナ ステイヤーズSでは、あわや勝ち切るかの内容。9歳だがまだまだま力はある馬券内の力はある。

フェイムゲーム 斤量が重いが、実績は十分。 でもアルバートを差し切れるとは思えない。 馬券内はあると思う。

フェスティヴイェル この成績では、買えない

フジマサエンペラー あたとしても離された3着。このメンツでは厳しい。

プレストウィック ステイヤーズ4着なので3着はもしかしたらあるかも

プロレタリアト ちょっとここでは厳しい。

ヘイローフォンテン 1000万下を勝てないようでは、無理

ムスカテール 目黒記念勝っるけどうーん。 まだG3くらいだったらやれるかも

ラブラドライト 2014年ダイヤモンドS4着、万葉Sも2着2回 斤量51だし、3着で狙いたい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


過去十年分のデータ

2016年 降雨中 馬場は重に近い 3着馬までは、後方待機 勝ち馬は4コーナ前からロングスパート
万葉S勝ちのマドリードカフェは15着

1着 トゥインクル牡5 4番人気 前走万葉S5着 ステイヤーズS3着など。
2着 フェイムゲーム牡6 2番人気 前走 豪州G1メルC13着 2015年にはダイヤモンドS制覇、天皇賞2着など
3着  ファタモルガーナ セ8 8番人気 前走 ステイヤーズS7着 2012、14、16ステイヤーズS2着、2015年同レース2着


2015年 3着馬までは、中団より後ろで。ファタモルガーナは、4コーナ早じかけ、ゴール前で勝ち馬に差される。
万葉S勝ちのステラウィンドは4着


1着フェイムゲーム牡5 1番人気 前走AJCC12着 前々走アルゼンチン共和国杯1着、2014年ダイヤモンドS制覇
2着ファタモルガーナ セ7 2番人気 前走 ステイヤーズS2着
3着カムフィー牡6 8番人気 前走 早春S4着 2015年ステイヤーズS2着


2014年 勝ち馬は出遅れ、最後方からの競馬。4コーナで一気に先頭に立ちそのまま押し切り。2着、3着も後方待機

1着フェイムゲーム牡4 1番人気 前走 AJCC3着
2着セイクリッドバレー 牡8 5番人気 前走白富士S4着 
3着タニノエポレット 牡7 3番人気 前走万葉S1着 2013年の万葉S2着 長距離実績あり


2013年 ネコパンチが逃げて、大きく離されたレース3着馬まで離された後方集団で待機。

1着アドマイヤラクティ牡5 1番人気 前走AJCC3着 金鯱賞3着や、古都S1着など 実力あり
2着ジャガーメイル牡9 4番人気 前走香港ヴァーズ2着 この時は高齢だったが、さすが天皇賞(春)馬 2012年も天皇賞春4着
3着メイショウカドマツ牡4 6番人気 前走松籟S(1600万) 1着 アルゼンチン共和国杯も2着だし、実力があった。


2012年 ケイアイドウソジンが、逃げを打ちマイペースで巣そのまま逃げ切り。スマートロビンも逃げ馬について行ってそのまま。
2着馬は、足をためたが差し切れなかった。

1着 ケイアイドウソジン牡6 15番人気 前走師走S14着 2400のOP1着など実力はあった。逃げたのが吉と出た。
2着ギュスターヴクライ 牡4 1番人気 前走早春S1着 2400や2500で好走
3着 スマートロビン 牡4 2番人気 前走日経新春盃 5着 2600や2400で好走 後に目黒記念も制する。

2011年
1着コスモメドウ 牡4 2番人気 前走万葉S1着
2着コスモヘレノス牡4 4番人気 前走日経新春杯12着 前年のステイヤーズS1着 アルゼンチン共和国杯3着
3着キタサンアミーゴ牡5 6番人気 前走松籟S(1600万)1着

2010年
1着フォゲッタブル牡4 1番人気 前走 有馬記念4着 前々走ステイヤーズS1着 前々前菊花賞2着
2着ベルウッドローツェ 牡4 6番人気 前走グットラック(1000万下)1着 2500や2600で好走
3着ドリームフライト牡6 10番人気 前走日経新春杯9着 オリオンSなどを買っているが前年15着なので、不明

2009年
1着モンテクリスエス牡4 2番人気 前走迎春S(1600万下)2着 青葉賞3着などの実力馬
2着ブレーヴハート牡7 12番人気 前走万葉S4着 この馬も青葉賞3着経験あり。万葉Sも0.1秒差
3着スノークラッシャー 牡4 7番人気 前走初咲賞1着 好走理由不明

2008年
1着アドマイヤモナーク 牡7 1番人気 前走日経新春杯1着 ステイヤーズS3着 万葉S3着
2着コンラッド牡6 2番人気 前走迎春S(1600万下)1着
3着レーザーズエッジ牡6 12番人気 前走許波多特別(1000万)4着 阿寒湖特別2着など 長距離好走

2007年
1着トウカイトリック牡5 1番人気前走万葉S2着 2006年ダイヤモンドS3着 ステイヤーズS3着 言わずと知れた名ステイヤー
2着エリモエクスパイア牡4 6番人気 前走オリオンS(1600万下)4着 その後天皇賞春2着など、長距離適正があった。
3着アドバンテージ牡4 10番人気 前走迎春S(1600万下)4着


長距離戦線に輝きを放つハンデキャップ重賞 2016年時
ダイヤモンドSは東京競馬場・芝3400mを舞台とするハンデキャップレースで、過去10年の結果を振り返ると3着以内馬延べ30頭中14頭を占める4歳馬の活躍が目立っている。ただし、2012年以降は4年連続で6歳以上の馬が連対を果たすなど、歴戦のベテラン勢も侮れない。長距離への適性やハンデなど、レース検討にはさまざまな角度からのアプローチがありそうだ。ここでは過去10年の結果から、好走馬につながるヒントを探していく。

重いハンデの馬が優勢
過去10年の負担重量別成績を調べると、勝率・連対率はハンデが重いグループほど高くなっている。長距離のハンデキャップレースだけに、各馬のハンデ差が気になるところだが、ハンデが重い事を理由に評価を落とす必要はなさそうだ。また、「52.0kg以下」の馬が3着に5頭食い込んでいることから、軽ハンデ馬を3着にマークするのも面白そうだ。
負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率  連対率 3着内率
52kg以下 0-2-5-27 0% 5.9% 20.6%
53~54kg 3-2-3-43 5.9% 9.8% 15.7%
55~57kg 5-5-2-43 9.1% 18.2% 21.8%
57.5kg以上 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%

前走の条件に注目
過去10年の出走馬について前走の条件別に成績をまとめると、延べ出走頭数が10頭を超える4グループの中では、「芝の1600万下」組と「芝の1000万下」組が3着内率で上位になっている。「ダートのレース」組を除くと、勝率ではオープンクラスのレースに出走していた馬が上位となっているものの、前走が条件クラスだった馬の軽視は禁物だろう。
前走の条件別成績(過去10年)
前走の条件 成績 勝率  連対率 3着内率
芝のGI 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
芝のGII 4-2-3-39 8.3% 12.5% 18.8%
芝のGIII 0-0-0-6 0% 0% 0%
芝のオープン特別 3-2-1-38 6.8% 11.4% 13.6%
芝の1600万下 1-4-4-18 3.7% 18.5% 33.3%
芝の1000万下 0-1-2-10 0% 7.7% 23.1%
ダートのレース 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%

近走での中長距離実績が重要
過去10年の出走馬について、過去2走以内に出走した芝2200m以上のレースでの最高着順別に成績をまとめると、優勝馬10頭中9頭、連対馬では20頭中18頭が、過去2走以内に芝2200m以上のレースに出走経験があり、そのレースで「1~4着」に入っていた。近走の成績を比較する際は、2走前までに中長距離のレースで上位に入っている馬を重視したい。
過去2走以内に出走した芝2200m以上のレースでの最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 5-4-5-24 13.2% 23.7% 36.8%
2着 1-2-0-11 7.1% 21.4% 21.4%
3着 3-2-0-13 16.7% 27.8% 27.8%
4着 0-1-3-12 0% 6.3% 25.0%
5着 0-0-0-9 0% 0% 0%
6~9着 0-0-2-25 0% 0% 7.4%
10着以下 0-0-0-9 0% 0% 0%
該当レース不出走 1-1-0-17 5.3% 10.5% 10.5%

春の天皇賞につながる長距離レース
ダイヤモンドSは、春の長距離王決定戦・天皇賞(春)を頂点とする長距離重賞路線の一角を占める一戦だ。2007年の2着馬エリモエクスパイアが同年の天皇賞(春)で2着、2014・2015年と連覇を飾ったフェイムゲームが2015年の天皇賞(春)で2着と好走を果たしている。また、負担重量がハンデキャップという条件を生かして台頭する馬がよく見られるのもこのレースの特徴。そういった部分を含めて、まずは過去10年の結果からレースの傾向を見ていこう。
単勝人気とオッズに注目
過去10年の単勝人気別成績を調べると、単勝1番人気馬は6勝をマーク。単勝オッズ別成績で見ると2.9倍以下の3頭が全て1着になっている。その他では、2番人気馬も上々の成績を残しているが、3番人気馬が1頭も連対していない点は気になるところだ。また、3着馬を見てみると、10頭中8頭が6番人気以下の馬で、そのうち6頭は単勝オッズが10倍以上だった。〔表1〕〔表2〕
〔表1〕 単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 6-1-0-3 60.0% 70.0% 70.0%
2番人気 2-3-1-4 20.0% 50.0% 60.0%
3番人気 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
4番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
5番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
6~10番人気 0-2-7-41 0% 4.0% 18.0%
11番人気以下 1-1-1-48 2.0% 3.9% 5.9%
〔表2〕 単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 3-0-0-0 100% 100% 100%
3.0~3.9倍 2-1-1-2 33.3% 50.0% 66.7%
4.0~6.9倍 4-4-1-15 16.7% 33.3% 37.5%
7.0~9.9倍 0-1-2-13 0% 6.3% 18.8%
10.0~19.9倍 0-3-3-23 0% 10.3% 20.7%
20.0倍以上 1-1-3-68 1.4% 2.7% 6.8%
負担重量別の成績に注意
ダイヤモンドSはハンデキャップ戦だが、過去10年の負担重量別成績をチェックしてみると、全体的に負担重量が重い馬の方が良好な成績となっている。ただし、3着には50~52kgの範囲から5頭が入っており、その5頭は全て単勝7番人気以下だった。また、52kgで3着に入った2頭は共に4歳牡馬で、50~51kgで3着に入った3頭はいずれも6歳牡馬だった。〔表3〕
〔表3〕 負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
49kg以下 0-0-0-8 0% 0% 0%
50~52kg 0-1-5-22 0% 3.6% 21.4%
53kg 2-2-0-21 8.0% 16.0% 16.0%
54kg 1-0-2-23 3.8% 3.8% 11.5%
55kg 2-2-2-16 9.1% 18.2% 27.3%
56~56.5kg 1-3-1-20 4.0% 16.0% 20.0%
57~57.5kg 3-0-0-8 27.3% 27.3% 27.3%
58~58.5kg 1-2-0-3 16.7% 50.0% 50.0%
年齢別の成績もチェック
過去10年のダイヤモンドSでもっとも好成績を挙げているのは4歳馬。その3着内率は44.4%と、他の年齢の倍以上の数値となっている。また、5歳馬も4勝を挙げているが、2着がゼロという点は興味深い。ちなみに、8歳以上の馬が出走することも多い一戦だが、過去10年では2着が2回だけ(2013年ジャガーメイル=9歳、2014年セイクリッドバレー=8歳)。なお、過去66回の歴史において、8歳以上の馬が優勝したことは一度もない。〔表4〕
〔表4〕 年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 4-4-4-15 14.8% 29.6% 44.4%
5歳 4-0-1-31 11.1% 11.1% 13.9%
6歳 1-2-3-25 3.2% 9.7% 19.4%
7歳 1-2-1-21 4.0% 12.0% 16.0%
8歳 0-1-1-18 0% 5.0% 10.0%
9歳以上 0-1-0-11 0% 8.3% 8.3%
近走の成績に要注目
過去10年のダイヤモンドSでは、4走前までに「重賞で3着、または条件クラスのレースを単勝1、2番人気で3着」という経歴を持つ馬が毎年1頭だけ連対している。今年もそういう戦歴を残している馬が出走してきたら、注目してみると面白いかもしれない。〔表5〕

〔表5〕 4走前までに「重賞で3着、または条件クラスのレースを単勝1、2番人気で3着」になっていた、ダイヤモンドS連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2007年 2着 エリモエクスパイア 2走前 古都S(1600万下) 1番人気 3着
2008年 1着 アドマイヤモナーク 3走前 ステイヤーズS 5番人気 3着
2009年 1着 モンテクリスエス 4走前 鳴滝特別(1000万下) 2番人気 3着
2010年 1着 フォゲッタブル 4走前 セントライト記念 7番人気 3着
2011年 2着 コスモヘレノス 3走前 アルゼンチン共和国杯 9番人気 3着
2012年 2着 ギュスターヴクライ 4走前 高雄特別(1000万下) 1番人気 3着
2013年 1着 アドマイヤラクティ 前走 アメリカJCC 2番人気 3着
2014年 1着 フェイムゲーム 前走 アメリカJCC 6番人気 3着
2015年 2着 ファタモルガーナ 3走前 新潟記念 7番人気 3着
2016年 1着 トゥインクル 2走前 ステイヤーズS 4番人気 3着

スポンサーサイト

ダイヤモンドS 競馬予想 データ分析 アルバート フェイムゲーム

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。