01 2017

宮崎県観光① 安井息軒生家ときよたけ歴史館

数日間宮崎と鹿児島に旅行に行っていました。

温泉にも入りましたし、多くの観光地を訪れました。

宮崎や、鹿児島は首都圏より温暖で、過ごしやすい気候でした。

量が多いので分割して、紹介していきます。

初日は、宮崎市に行って、安井息軒生家と記念館を見学してきました。
main.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


まったく聞いたことない人物だったのですが

安井 息軒は江戸時代の儒学者。名は衡、字は仲平、息軒は号。日向国宮崎郡清武郷出身。その業績は江戸期儒学の集大成と評価され、近代漢学の礎を築いた。門下からは谷干城や陸奥宗光など延べ2000名に上る逸材が輩出された。妻の佐代は、森鴎外の歴史小説『安井夫人』のモデル。
E5AE89E4BA95E681AFE8BB92.jpg


なんとすごい方だったようで、陸奥宗光なんて不平等条約改正などで名をはせましたしね。
20150608201629.jpg
陸奥 宗光(むつ むねみつ、天保15年7月7日(1844年8月20日) - 明治30年(1897年)8月24日)は、日本の政治家、外交官、武士(紀州藩藩士)。明治初期に行われた版籍奉還、廃藩置県、徴兵令、地租改正に大きな影響を与えた。また、カミソリ大臣と呼ばれ、伊藤内閣の外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。江戸時代までの通称は陽之助(ようのすけ)。
正二位・勲一等・伯爵。家紋は仙台牡丹。

安政5年(1858年)、江戸に出て安井息軒に師事するも、吉原通いが露見し破門されてしまう。その後は水本成美に学び、土佐藩の坂本龍馬、長州藩の桂小五郎(木戸孝允)・伊藤俊輔(伊藤博文)などの志士と交友を持つようになる

こんな逸話があるなんて、初めて知りました(笑)

画像クリックで宮崎県観光協会サイトへ
http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/tourism/spot/70.html
http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/tourism/spot/71.html

宮崎観光はいくつかにわけて紹介します。




スポンサーサイト

宮崎県清武町 きよたけ歴史館

1 Comments

がちょー  

旅行楽しんできましたね

こんばんわ~♬
旅行楽しんできましたねv-290
私も歴史とか大好きですよ。

記事も拝見しましたね
宮崎県観光協会サイトもこれから見に行ってきます^^

2017/02/02 (Thu) 19:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment