-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19 2017

トランプ大統領就任によせて① アメリカの今後

webw160509-thumb-720xauto.jpg

競馬と懸賞のブログですが、当方管理人の元々の専門は西洋史なので、少し説明を

まず、なんで共和党のトランプが当選したのか

① GREAT AMERICA AGAIN

② イスラム教徒

③ 不法移民

④ 貧しい白人

⑤ 金銭的に余裕のある白人

私見としては、この5つが要素として考えられます。

①に関しては、簡単です。偉大なアメリカを取り戻す。(いつぞのナチスドイツも偉大なドイツ国家を取り戻すとかなんとか)

ここ最近、民主党政権下のオバマ政権で、中東問題や中国情勢、ロシア情勢と問題は尽きません。

これに関して、アメリカの多くの国民は不満を持っています。(世界一の国だと意識しているからです)

誰だって、自分の住んでいる国に対して、なんらかの帰属意識を感じています。アメリカは尚更です。

歴史が浅い上、こんな超大国ですから、どんな移民に対してもアメリカ国民は、国家への尊敬と帰属を求められます。
o0620041213573819659.jpg
509125875.jpg

この二つの画像最近の物と昔のものです。どんな人種や民族も、小さい頃からアメリカ国家へ対しての宣誓を求められます。

日本では、似たようなことが戦前に行われていましたが、軍国主義の象徴としてアメリカに変えるように指示され。教育現場から

消えました。 なのになんでアメリカがまだ続けているかは察してください。

戦前の日本の教育方針は、教育勅語によって行わています。

教育勅語は、まあ言えば国家的な皇室への崇拝と、国家への奉仕を求める教育です。

しかし、あまり皇室というワードを除けば、アメリカと変わりません。
Japan.jpg
843b1492513e82d0fa32bb8053e73940.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



オバマ大統領は、核廃絶のプラハ演説から始まり、譲歩的な姿勢を見せてきました。(宥和が彼の良さでもありますが)

ロシアのクリミア併合、アフガニスタン撤兵、イスラム国掃討作戦でのイニシアチブ欠如、中東和平プロセスの停滞

南シナ海における国際法に乗っ取った中国への対応 あげればきりがありません

しかし、最近では、オバマ大統領の発言を見ると

ロシアへの制裁は、核軍縮後も継続するべき。ロシアは反米的な言動が増えた。

ロシア制裁は、ウクライナへの対応が変わるまで継続すると

米ロ関係は、冷戦時代のようなものだとまで述べています。

宥和的なオバマですらこれです。(基本的にはアメリカ優位政策なのです)

さてここからは、トランプが繰り返し言っている貿易不均衡に関するものです。

日本、メキシコ、中国などやり玉に上がっています。

中国との貿易不均衡は、大衆消費財や様々な製品を中国からの輸入に頼っているからです。後は中国の元安誘導政策です。

中国の為替は、変動相場制とはいささか異なる為替制度なので

メキシコこれは、NAFTA(北米自由貿易協定)のおかげです。調子に乗りすぎたイメージ 

日本は車もそうですし、今に始まったことではありません。

スーパー301条とは、1988年包括通商競争力法 第1302,により、1974年通商法に第301条として追加された、対外制裁に関する条項の一つである。1974年第301条(貿易相手国の不公正な取引慣行に対して当該国と協議することを義務づけ、問題が解決しない場合の制裁について定めた条項)の強化版である。

http://www.sankei.com/premium/news/161230/prm1612300018-n2.html
まあ牛肉や、オレンジといった教科書に乗るような。貿易圧力が日本にはいままでかけられました。

l03_01_05_02_img01.jpg
613e5f5febe0f7aad9ce12bf4ddbc458.jpg


歴史的に、アメリカの保護的通商政策は今に始まったことではないです。トランプだけ取り上げて、騒ぐのはおかと違い。

そして、外交方針についてもアメリカは、これはカリブ海政策の話になりますが

こん棒外交なんていうのが、昔ありました。

t-roosvelt_carib.jpg


対外債務などを人質に、保護国化させたり、言いなりにしたりというものです。

まあこれを含めるかどうかは、議論がありそうですが、マーシャルプランなどもそうだとは思います。

基本的に、アメリカは自国のイニシアチブを取るためには、支援と紐づいた自国側への誘導を図ってきました。

なので、私はトランプ政権下の外交政策は、激しさの差はあれど、基本的にアメリカ優位政策は継続されると考えています。

一番のポイントは、中東和平プロセスを破壊するのか、中国と対決するのかです。

詳しく、アメリカの外交政策についてやると、論文クラスの長さになるのでやりません。

気になる方は、外交政策を理解する上で、ヒントになる「地政学」などのキーワードでお調べください。

②へ続きます。

スポンサーサイト

ドナルドトランプ アメリカ大統領 アメリカ外交

- 1 Comments

がちょー  

トランプ大統領就任は仕組まれた道かもしれません。

とうとうトランプ大統領になっちゃいますよねv-12
トランプ大統領就任は仕組まれた道かもしれません。
関さんの書いた「都市伝説6」にもそのような記事が書いてありました

さて、今後の世界はどーなっていくのやら? ですよね;

2017/01/19 (Thu) 17:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。