10 2017

船橋記念SⅢ 地方競馬 重賞予想

1月11日(水)は、船橋競馬場でダート1000の重賞SⅢ船橋記念が行われます。元々は短距離重賞ではなかったです。

船橋記念は、千葉県競馬組合が船橋競馬場ダート1000mで施行する地方競馬の重賞競走である。競走名は、1950年8月に船橋競馬場が新設されたことに由来する。正式名称は「サンケイスポーツ盃 船橋記念」。
副賞は、船橋市長賞、千葉県馬主会会長賞、関東地方公営競馬協議会会長賞、また生産牧場賞がある。
2005年度に短距離路線の拡充を図るため1000mに距離変更、また開催時期を1月開催に移行したため2005年の開催はなし。また、出走条件が4歳以上に変更された。2007年度(2008年)からは南関東重賞格付け表記を南関東SIIIに変更された。

このレースといえば、船橋の雄ナイキマドリードですよね。船橋記念を4連覇した。地方競馬短距離界のスターでした。
さてそんな船橋の名物レースですが、過去の傾向から探っていきましょう。

20150114_730589 (1)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


過去5年で4年逃げ馬が、3着までに入っています。
里神楽スプリントからの連対が多いです。
1番人気はフラットライナーズ 習志野きらっとスプリントでは強いレースを見せ3連勝でした。
同条件で、イセノヴィラソンを負かしているので、人気は当然です。

私の本命は14枠 ムービングライトです。里神楽スプリントを勝っているうえ持ち時計はメンバートップです。
対抗 フラットライナーズ 人気には逆らえません。
対抗 シンキングマシーン 初のこの条件で2着 二回目で更に伸びれば
注目馬 中央からの転入馬ケイアイユニコーン 短距離では実績があるので、地方のダートがあえばワンチャンス
連下 イセノヴィラソン うーん1走前は勝ちましたけど、勝ち切るまではいかないかと

2016年の一着馬は、イセノヴィラソンでした。軽ハンデ51㎏を活かしてゴール前で逃げたワールドエンドを捉えました。
2着馬はアルゴリズム3着は逃げたワールドエンドでした。
このうちイセノヴィラソンとアルゴリズムは今年も出走します。しかしアルゴリズムは近走まったくで9歳ですので切り。

動画がなかったので、楽天競馬のレースリプレイです。
2016年船橋記念

2015年の船橋記念 ナイキマドリードが4連覇したレースです。9歳でした。
逃げたマスターエクレールに対して、番手につけたナイキマドリードがゴール前内外離れた激しいたたき合いを制して勝利しました。3着は、離れてピエールタイガーでした。


2014年の船橋記念 ナイキマドリードが3連覇
好スタートを切ったリコーシルエットが楽に逃げました。しかし、2番手グループにいたナイキマドリードがゴール前で捉えて勝利
2着エイシンジェイワンは、ナイキマドリードより前にいましたが、差し足及ばず2着
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment