27 2012

自民党 ガンダム計画

お久しぶりの記事となりました 最近忙しくてですね 何かと更新できずじまい

今日は国家反逆者 小沢率いる非国民数十名と宇宙人が国難を理解しない

珍行動を国会の場で起し 私はとてもとても悲しくなりました

今、私たち国民に置かれている現状は 中国の故事に当てはめますとこうなります

「君、君たらずと雖も、臣、臣たるべし」

まあわかりやすく言えば 君とは野田首相を中心とする決められない民主党

臣とは我々国民です。 君主が愚かでも私たち国民はこれを排除し元の道に正せねばなりません

まあ、そんな小難しい話は おいといて、なぜガンダムなの?ですよね

自民党の経済部会で ガンダム計画があるそうです

平議員というお方がおっしゃっていたようで 私は大変有意義で建設的意見だと思いました

決して ガンダムが好きだからとかではございませんよ

第一に ガンダムと称するものを日本が製造できることができれば おそらく

世界の軍事バランスは崩れます

第ニに 関連産業や 工業系理系の産業振興により 官民共同で巨額の資金が動き

市場が活気づくでしょう

第三に 日本の技術力の高さを改めて世界に示せることと アメリカの支配から

抜けることができます 沖縄の基地など必要ないのです

まあ 受け売りなんですが、

理念を守るためならば死んでもかまわない 他国の言いなりになるよりかは

幾許か心も晴れよう まあ 日本の専守防衛 平和でしたっけ

これを世界に示すのなら 日本はそれ相応の武力を用いるしかないでしょう

なぜ 平和外交に武器が必要なのか?

簡単なことです 話して理解しえないなら 武力に訴えるしかないですよね

それも平和という 崇高な理念の為に、日本が大手を振るのならそれこそ

国民は国を挙げてこれを支援 援助し 反対する反逆者どもを滅する必要があります

日本は 資源少なく あっても採算があいません なんせ日本の人件費は高いですからね

そこで人的資源も削減でき 強大な軍事力を誇る MSなどを開発すれば

まあ ジオンやプラントのようにはならないように

日本国民がこれを監視し 世界を平和に導びく そして理念を達成する

ここまで まあ頭の痛い発言でしたが

あながち間違ってないと思います この言葉は、日本にとって必要なことだと思います

座して死を待つのでは遅いのです 自民党には早急な法案の整備

巨額予算の確保を急いでほしいと思います
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment